千葉民医連サイトへ
|
お問い合わせ
千葉民医連 薬剤師・薬学生のページ
千葉民医連 薬剤師・薬学生のページ
民医連とは
法人・事業所紹介
薬剤師の仕事
薬剤師部会の活動
薬学生の見学・インターンシップ案内
就職案内
奨学金制度について
気になる病気と薬のはなし
DI実例集
リンク
HOME BACK
HOME >薬剤師部会の活動index>初期研修委員会とは
薬剤師部会の活動 初期研修委員会とは

こんにちは。初期研修委員会とは、入職してから3年目までの薬剤師で構成している委員会です。この委員会は1990年ごろに発足し、現在も若い薬剤師が中心となって運営しています。先輩薬剤師も1〜2名参加していただき、活発な意見交換を行います。
内容は、ただやってもらうだけの受身の学習会ではなく、自らが学習し講師となり、発表するという形式を重視しています。慢性疾患の基礎知識や薬物療法、臨床検査のことなど、服薬指導に明日から役に立つような内容を目指しています。
さらに、何か問題にぶつかった時、いろいろな角度から考察し、教訓を導き出す能力が身につくような訓練の場にもしていきたいと考えています。
委員会の報告も重要で、きちんとした議事録を作成します。薬剤師には単に知識の蓄積に留まらず、薬歴記載や医師などへの情報提供など的確、簡潔、正確な文章力が必要だからです。
そしてこの議事録は全ての職場に送っています。初期研修委員会で学習したことを、評価しご活用いただいております。
私たちと一緒に頑張りましょう。

● 理念
日進月歩をとげる医療の世界の中でこれから仕事をしてゆくにあたり、それらを吸収する姿勢、また臨床においてそれらの知識をもとにした考察力を身につける事により、薬剤師としての職能を広く社会に還元できる能力を養う事を目的とします。

●構成
委員:3年目まで。
委員長:3年目の職員から選びます。
事務局:委員長含め3名で構成し、人選は2年目の職員も1名入るようにします。
オブザーバー:中堅以上1〜2名。所属、役職は問いません。

●開催方法
委員会は通常、年4回。事務局はその企画の為に随時行います。

●役割
委員長:委員会、事務局の責任者。委員会の司会、進行など。オブザーバーへの連絡。
事務局:委員会の企画、立案。委員会に向けての委員の課題の進行状況の把握、助言など。
オブザーバー:委員会での助言。

Copyright