千葉民医連サイトへ
|
お問い合わせ
千葉民医連 薬剤師・薬学生のページ
千葉民医連 薬剤師・薬学生のページ
民医連とは
法人・事業所紹介
薬剤師の仕事
薬剤師部会の活動
薬学生の見学・インターンシップ案内
就職案内
奨学金制度について
気になる病気と薬のはなし
DI実例集
リンク
HOME BACK
HOME >薬剤師部会の活動index>訪問薬剤師とは
薬剤師部会の活動 訪問薬剤師とは?

2000年4月から介護保険制度が始まり、医療と介護のかきねがなくなり、ひとつのものになり始めました。それぞれの薬局は、介護支援専門員(ケアマネージャ)を中心に居宅介護支援事業者として、また各種のサービス提供者として在宅医療・介護の分野にも取り組んでいます。
薬剤師の在宅訪問(居宅療養管理指導)は全ての薬局で、またケアプランの作成(居宅介護支援)は共同薬局で、県の指定を受けています。また福祉用具のレンタル(福祉用具貸与)や住宅改造の相談もお受けしています。
介護保険にはさまざまなサービスがあります。私たちの薬局は他の施設と連携をとり、幅広くサービスを提供できるような体制を準備しています。
「住みなれたところで医療や療養を続けたい」。私たちは、そんな思いのお手伝いをさせていただきたいと思っています。

薬剤師の訪問(居宅療養管理指導)
在宅で療養する患者さまは、高齢者がほとんどで、体力も低下し、いくつかの病気を抱えています。高齢者の適正な薬物治療には服用している薬の種類や数、保管状況などを確認し、日常の生活や行動を観察することが必要です。
医師からの処方せんで、「薬剤師訪問依頼」との指示があれば、薬剤師がお薬を持ってお住まいへおうかがいします。
患者さんの状態やお困りな事をお聞きし、お薬についてのご質問もその場で回答します。さらに、薬物療法で気になることは、病院や診療所、訪問看護ステーション、ヘルパーステーションなどと連絡を取り合い、その改善に努めています。
薬剤師でないと気がつかない事がたくさんあります。コンプライアンスを向上させるための様々な工夫。不必要と考えられる薬の変更、中止の提案。副作用と考えられる症状の早期発見。治療方針への積極的な参加・・・
在宅で療養している患者さまの薬物療法は、こちらで責任を持つという姿勢で日々頑張っています

 

薬剤師の行う居宅療養管理指導の主な内容
・処方せんによる調剤(患者の状態に合わせた調剤上の工夫)
・薬剤服用歴の管理
・薬剤等の居宅への配送
・居宅における薬剤の保管・管理に関する指導
・使用薬剤の有効性に関するモニタリング
・薬剤の重複投与、相互作用等の回避
・副作用の早期発見、未然防止と適切な処置
・ADL、QOL等に及ぼす使用薬剤の影響確認
・使用薬剤、用法・用量等に関する医師等への助言
・麻薬製剤の選択および疼痛管理とその評価
・病態と服薬状況の確認、残薬および過不足薬の確認、指導
・患者の住環境等を衛生的に保つための指導、助言
・在宅医療機器、用具、材料等の供給
・在宅介護用品、福祉機器等の供給、相談応需
・その他、必要事項(不要薬剤等の廃棄処理、廃棄に関する指導等)
Copyright