千葉民医連サイトへ
|
お問い合わせ
千葉民医連 薬剤師・薬学生のページ
千葉民医連 薬剤師・薬学生のページ
民医連とは
法人・事業所紹介
薬剤師の仕事
薬剤師部会の活動
薬学生の見学・インターンシップ案内
就職案内
奨学金制度について
気になる病気と薬のはなし
DI実例集
リンク
HOME BACK
HOME >薬剤師部会の活動index>DI委員会とは
薬剤師部会の活動 DI委員会とは

DI委員会のDIとは「Drug Information」つまり「医薬品情報」という意味ですが、ただ薬剤についての情報を集めればよいというわけではありません。
薬に関する情報を収集して分析し、そして現場にもどして臨床に役立ててもらうことを目的として活動している委員会です。
以下、活動内容を具体的に紹介します。

副作用モニター活動
副作用を認識し報告することにより「同じ人に同じ副作用を起こさない」を第一の目標としています。その情報は「全日本民医連副作用モニター」に報告し、厚労省や企業にも報告しています。そしてその活動のなかで収集された副作用を分析し教訓を引き出し、より安全な薬物療法をおこなっていくために県連DIニュース発行、全日本においては民医連新聞副作用モニター情報掲載をおこなっています。

Q&A
日常臨床で遭遇したQ(疑問点、質問)についてのA(答え)を各院所が持ち寄り紹介、そして共有する事により、お互いのレベルアップをはかるとともに臨床に役立てていく事を目的としています。

おくすり相談室
患者様向けに様々な疾患(主に慢性疾患)に対する治療薬についての話しをまとめた冊子を作成しています。必要に応じて改訂しています。

DIニュース発行
副作用モニターやQ&Aの話題の中から特に他職種にも知らせたほうが良いと思われる内容を県連DIニュースとして全職員向けに発行しています。会議は毎月1回各薬局、病院、診療所から1〜2名ずつ参加して行なっていますが、DI活動そのものは県連の院所内で働く薬剤師全員の日々の活動によって成り立っています。
どんな些細なことでも疑問に思った事はそのままにしておかないで調べてみること、どんな些細なことでも得られた情報は無駄にしない・・そんなことを念頭におきながら、職員一人一人が日々コツコツと努力しています。そしてそこで得られた貴重な生きた情報を少しでも臨床に役立てる情報にして発信していくことがDI委員会の重要な役割です。
Copyright